もしかして…と、思っていたのですが、どうも母がネックレスなどを新しく買い集めていたようです。母は昔からオシャレな人でシーズンがくると一気に色々買い集めるという方法を取っています。まぁ、こちらに害は無いのですが、その買いっぷりに惚れ惚れしてしまう程です。

さて、そんな母は今回ジュエリーを買ったということで、古いジュエリーを私にくれると言ってきたんです。まぁ、そんなこともあるかと思ってジュエリーボックスをキレイにしてはいたのですが…笑

母がくれたのは主にネックレスでしたが、ミキモトのパールネックレスが多かったようですね。そのため、私には似合うものとそう出ないものの2つにぱっくりと割れたんです。パールのネックレスってなかなか私の年代だと使うときが無いので、正直と惑うんですよ。

そして、今日はこれ明日かこれ…って感じでも無いので使わないものも出てきます。そんなことではちょっと物足りないというか…もったいないのです。結局ですが、母からもらったミキモトのネックレスは一部買取に出すことに決めました。

そして、そのジュエリーはパールが分かる買取業者に頼むことにして、高く現金化してもらうことにしたんです!思った以上に高く買取りすることができましたし大満足。これからも、恐らくどんどん利用すると思いますよ!

先月安い値段をしていた翡翠のリングを発見したのでこれを購入してみることをしてみたんです。

しかし特に使いもしないのに購入をしてしまったので邪魔になってきてしまい
これは買い取りに出していくことにしました。

大した金額では買い取ってくれないだろうと思っていたんですが
実際にお店に行って翡翠のリングを買い取りに出すと本当に安い金額での買い取りになりました。

昔に比べたら無駄な物を購入していくなんてことはしないようにはなってきたんですが
それでもまだまだ無駄な物を購入していくことをしてしまいますね。

お店に行って安い値段をしているアクセサリを見つけてしまうと
つい購入をしてみたくなってきますから
用のない時にはお店に行くなんてことはしないほうが良いのかも。

年を取ってきてだいぶ落ち着いてきたということは
もっと多くの年を取っていけば物欲はどんどんなくなっていくんでしょうか。

もしも年を取って物欲が無くなってくるというのであれば
逆に言えば物欲がある=若々しいと言えるのかもしれませんね。

若さはすごく大切ですから悔いを残さないで若い時を楽しんでいくつもりです。

翡翠も買取で再利用

宝石買取業が脂が乗りつつある。昔なら使えない物は捨てると言う考え方が部分的に有るが現在は使える物は
徹底したエコな対策が組まれているその中でも宝石も再利用される。

ある買取業者ではパワーストーンを扱い、宝石では翡翠が貴重とされるようです。
「あまりこの店では流通していないんですよ、翡翠は宝石のなかでは脇役と言う立っていながらも実は主役だったりするんです。

ダイヤモンドが主流と言えますが人工物を見極める力が必要になってきますね」と店主、シビアになる私生活に宝石買取業は
親密な関係にあります。宝石関係なく「電気製品なら買った時の梱包箱は捨てないで持っておく」これは常識ですよね。

宝石の場合書類等は捨てないで持っておく。実は翡翠やその他の宝石の値段を左右する「化粧箱」の傷みも減点対象になります。
「高く売りたい」と思うならそれなりの努力が必要になります。宝石を買取される方の半数は化粧箱や付属品が無いパターンが多く、
そこまで気が回らないせいで落胆される方もいるようです。翡翠は輝くと優しい光を放ちます。目立たないが奥深い光を放つそれが大きい魅力なのです。